【未経験OK】僕も使用したサーバ学習関連の書籍とサービス_まとめ

こんにちわ、フリーランスインフラエンジニアのむぅです。
エンジニア歴は3年半ですが、月収は87万です。

「やる気はあるけどスクールは高いから独学でやりたい!」
「初心者向けの本がいっぱいあり過ぎてどれが良いのか解らない」
「勉強する気はある!けど、何から始めていいか解らない」

この記事では、僕がかつて未知識・未経験だった頃(IT業界参画前)に取得を目指したLPIC(現LinuC)取得の為に使った書籍や学習サービスを使用方法と共に紹介しています。

サーバー技術の基礎を身に着けたい初心者の方に是非おススメなので参考にして下さい。

スポンサーリンク

とりあえず最初にこの本から始めてみるのがおススメ!

本を読むのが苦手な人はこの本からスタートしてみることをオススメします。この本は実際にサーバを構築するところからスタートするのですが図も手順もしっかりしているので、見よう見まねでやるだけでサーバを構築することが可能です。

まず最初に「成功体験をすることから」というのがこの本をおススメする理由です。

この本の効率的な使い方

付属している「Ubuntu」というOSのCDは是非使ってみて下さい。WindowsやMacのような操作性なので初心者でも気軽に使い始めることが出来ます。なお、Ubuntuを導入するためには以下の様な方法があるので、自分の環境に合ったやり方で進めていきます。
※因みに僕は使っていないPCにインストールして使い始めました。

使っていない古いPC
自分のPCをデュアルブート環境にする。
仮想マシンを使って、自分のパソコンの上で使っていく

とりあえず、この本を軽く見てみてやってみたいと思った部分のみ取り組めばOKです。多少躓くところはあるかもしれませんが、本の中で細かく解説しているので問題ないかと思います。

※仮想マシンやデュアルブートに関しては後々このブログでもやり方なんかを紹介します。

基礎知識を身に着ける為に代表的なこの本!

「LinuC(旧LPIC)-Level1」の取得を目指している方にはお馴染みの通称「あずき本」と呼ばれる参考書です。

ただこの本はLinuxの辞典としても活用することが出来き、僕自身も不明点などはこの本を片手に業務を行っていた時期があります。解説などは事細かく書かれているので超便利ではありますが、「本当に」辞書の様な分厚さになっているので持ち運びにはおススメできません。。。

Ubuntuの環境がここでも使える

本を読みながら手元のUbuntu環境で実践

完全に覚える必要はないですが、上記の繰り返しで大まかな知識とコマンド操作に対する抵抗を無くすようにして下さい。

あずき本の代わりに黒本でもOK

上記のあずき本との併用、または資格取得を目標とする場合はこの本の使用も非常におススメです。

問題集ではあるのですが、解説がとても丁寧でなおかつ試験に出やすい重要な項目を押さえている為
この1冊がしっかりアウトプットとして自身に身に着いていれば基礎知識を得たと言っても良いかもしれません。

通常はあずき本と併用

通常は資格試験の為に使う本なので紹介しようか迷ったのですが、先述の通り問題集の為
PCが無い環境でもボールペンがあれば学習できるのがこの本の強みだと思い紹介しています。

最初の頃は少しやらないと、せっかく勉強して得た知識も抜けていってしまうものです。
なので最低でも一日1問はこなすようにすれば、知識として着実に定着していきます。
※僕もモチベーションが保てない日でも必ず1問はやっていました。

アウトプットの為に資格試験の問題を解いてみる。

Ping-t
CCNA/CCNP、LinuC(LPIC)、HTML5、OSS-DB、ITパスポート、オラクルマスター、ITILの試験合格を目指す人を応援する学習サイト(登録ユーザ20万人)です。 ユーザ登録をすると、無料でCCNA WEB問題集(600問以上)やLPIC Lv1問題集(500問以上/LPI認定教材)、Oracl...

一部無料で使用できるインフラエンジニアにはお馴染みのサイトです。

無料の会員登録の後、「最強WEB問題集LinuC/LPIC Lv1-101(Ver4.0)」をやってみると良いでしょう。アウトプットとして最適なほか間違えたとしても丁寧な解説が載っている為、上記のあずき本と組み合わせるとより理解しやすいと思います。

ping-tの使い方

1. 最強WEB問題集LinuC/LPIC Lv1-101(Ver4.0)をやってみる。
2. 解説を見てみる。
3. 何回か上記の繰り返し
・上記に飽きた際は「コマ問」というサービスを使って、実際のコマンド入力も腕試ししておくと良いと思います。

またプレミアム会員になるとすべてのコンテンツ(Lv1-102等)が使い放題になるので、
「これを機に資格にも挑んでみたい」
と思われる方は、登録するのも良いかもしれません。

番外編:Crammediaというサービス

クラムメディア | 問題集

「丸暗記で資格試験に合格できる!!」
というのがこのサービスです。完全に資格取得のためのサービスなのですが”丸暗記”というところが凄いですよね。僕も使ったことは無いのですがかつて在籍していた会社の後輩に利用者が多かったです。

丸暗記で資格が取れるというところが「実務には使えないんじゃ?」と思われてしまうかもしれませんが

1. とりあえずCrammediaで資格取得を頑張る
2. 資格に合格
3. 合格したモチベーションでもっと知識をつけていく

というようなやり方も資格取得という結果が出ている+効率的で良いんじゃないかなとは思います。
但し、使うためには会員登録が必要な点とコンテンツは全て有料な点に注意が必要です。
※確か無料で使える部分もありましたが、微々たるものでした。

まとめ

実はサーバを最初に構築していますが、構築自体はLinuC-Level2クラスの為
初心者でもある程度のレベルまでなら余裕でいけることを知っていただけたかと思います。

昔、スキルアップのための近道は有識者にガンガン教えを乞うことと言われましたが、周りにそんな都合のいい方もなかなかいないのが現実ですよね。
ただ
ここまで独学で来れたら、エンジニアとして入り口よりちょっと先には立ってるので自信を持って前進を続けて下さい。
※実際、何も学ばないが故にどんどん置いていかれる現役エンジニアも多いので・・・

では、また!!

仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアお願いしますm(_ _)m
フォローお願いしますm(_ _)m
スポンサーリンク
muuslog

コメント

タイトルとURLをコピーしました