【実態】フリーランスエンジニアの
月収87万の仕事内容と見つけ方

こんにちわ、フリーランスインフラエンジニアのむぅです。
エンジニア歴3年半、フリーランス歴は1年ですが月収は87万です。

フリーランスエンジニアの平均年収は60~80万前後らしいので平均は超えることが出来ています。

・経験が豊富だからでしょ?

・リーダーやマネージャー職?

・残業や休出がある?

そんなことを聞かれることがありますが、上記は全く当てはまりません。

普通の作業員(いわゆるメンバー)として、僕自身経験が無い技術領域に取り組んでいる会社に
ポテンシャルだけで月収87万で契約頂いた。
運だけです(笑)

フリーランスエンジニアとして月80万以上の案件にもなるとハイクラスな技術力を求められることも多く同時にリーダーやマネージャーなどの管理知識も求められるものが大多数を占めます。

でも実際に僕がやっているのは

・設計や構築など、実際に手を動かす作業だけ

・インフラの規模も中規模程度

その仕事内容と運とタイミングが生んだ今の業務との出会いについて本記事では掘り下げています。

誰にでも同様のことが起こると思うので、「その日」に向けて準備しておくべきです!

スポンサーリンク

実際の仕事内容、現場環境は?

ざっくり言ってしまうと

・チーム人数は4人(リーダー、若手、若手、僕)

・僕の担当はAWSで構築する為の設計~構築及びリーダーの相談相手

・9時~18時が定時、残業は無い
※定時外の会議は禁止らしい

・休みたい時はいつでも休める(タスク次第だけど)

・タスク自体も自分の裁量ややり方で出来る(提案が通りやすい)

仕事内容も環境も人もこんなところもあるんだなと思う位良いところです。

AWSの経験は無し

最初の方にも書いたようにポテンシャルだけでご契約頂いた感じです。

そもそも、僕はAWSをやったことがありません(笑)
興味はありましたが・・・見るのも触れるのも完全に初

AWSアソシエイトの資格も契約が決まって大急ぎで取った感じです。
今となれば、チーム全体でサポートしながら動いているので慌てる必要も無かったんですけどね。

現場でのサポートが丁寧過ぎる!

流石に初心者の教育並みとまではいきませんし、当然基礎知識ありきの話ではありますが、予想以上に色々教えてくれます。改めて書きますが、本当にこんなところもあるんだなと毎日思ってます。
更に言うと、自分がフリーランスということも忘れてしまうくらい本当に丁寧です。

本当に管理業務とかは一切無し

リーダーもPMも僕より断然ベテランですし、あくまでメンバーとしての立ち位置でやってますし、無理難題を言われることもありません。稀にリーダーから技術的に相談に乗って欲しいと言われる時もありますけど、

設計書などのドキュメントを作ってるか、テスト環境で学ばしてもらったりしてます。

リーダーもお休みされることが多いですが、その分の仕事を依頼されることも全くないです。

そんな現場との出会い

フリーランスになって最初の案件が去年末までだったので、2018年11月~2018年12月に掛けてエージェント会社を通じて次の案件を探していました。合計十数社はご訪問させて頂いたかと思います。

エージェントの出来心??(笑)

そんな中で紹介された企業が上記の企業です。
ただ、必須経験の要件から僕は合致してないので、以下のようなお断りのメールを入れました。

クライアントが求めているスキルセットは個人的には難しいと思うためお断りさせてもらいます。

先手を打つエージェントも居るってことですねー…(笑)以下のようなレスがありました。

先方様から逆にオファーと面談リクエストが来ている状況なのですが・・・

既に経歴書を見てもらった後の事後報告でした(笑)
初見の案件だったので案内だと思ってましたが…因みにその時のクライアントの要件が

インフラ設計構築経験(5年以上:必須)

AWS上での設計構築経験(3年以上:できれば)

ドキュメント作成が得意

コミュニケーション力

正直、コミュ力以外は当てはまらんと強く思ったほどです。
何故自分をお誘い頂けたのか本当に謎です。

面談⇒その場で確定し今に至る

フリーランスエンジニア_むぅの体験談

因みにその際の面談で聞かれたことは以下

・自己紹介(経歴含)

・一番苦労したことと、その対処

・今後の展望

それに対する答え

・経歴書に沿った自己紹介

・短納期(1ヶ月程度)かつ経験が浅い(1年ちょっとの時)のにドキュメント整備を含むchefによる構築を1人でやったこと。本で調べながらかつ1日のスケジューリングを細かく明確化し”1日に終わらせる量”を取り決めた結果、納期内で完遂

・AWS・GCP・AZURE等のメガクラウドやAnsible等の経験を積みたい
贅沢言えば、インフラエンジニアとしてRubyやPythonにも手を付けておきたい

もちろん多少細かいことは聞かれましたが、結果、その場で「是非、来て欲しい」と改めてお誘い頂き、「僕を誘ったのが手違いじゃ無かったことを確認し(←失礼)」今に至ります。

人生ブースト状態とか人生イージーモードの意味が少しづつ解ってきた気がします(笑)

まとめ

因みに訪問させて頂いた十数社は全てお誘いを頂きましたが、断る形になりました。
中には90万以上の案件もありましたが、お金+経験ということで、目先の金額よりも、さらに経験値を得て今後も市場価値を高めたいが故に選択しましたが、改めて本当に当たりでした。


自分で自分をダメだと思っていても
実は想像以上に価値があるってこともあるよ、というお話でした。

※もちろん自意識過剰すぎはNGだとは思いますが。。。

仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアお願いしますm(_ _)m
フォローお願いしますm(_ _)m
スポンサーリンク
muuslog

コメント

タイトルとURLをコピーしました