レジャー・旅行

【宮古島旅行ブログ】砂山ビーチってもう立ち入れなくなるの?

このアーチ状の岩をご存知ですか?

2016年~今年・・・2019年に至るまで、 「日本のベストビーチ トップ10」 にランクインし続けている砂山ビーチに存在する波の浸食によって開けられた穴が印象的な岩です(岩というより山?)。

今年行ったら・・・

立ち入り禁止になってました。。。悲し過ぎるーーー!!!

ふなうさぎバナタに続き、砂山ビーチもか!!

次々と名スポットが変わっていってしまっている。。。
まぁー砂山ビーチのこの岩は自然にできたものなので、仕方ないと言えば仕方ないような気がしますが。

それでも悲し過ぎるぞ!!

なぜ立ち入り禁止に??

落石と崩落の危険があるからだそうです。

今までも落石などを防ぐためにアーチの上部分を金属製の金網で覆うなどの対処をしてきたらしいのですが、その金網を取り換える為に調査を実施した所、今までと同じやり方では防げないと判断されたそうです。

その後、 人工的に造られた「擬岩(ぎがん)」と呼ばれる支柱で支えることも検討されたそうですが、工事の実施自体見送りとなり結果、止む無く立ち入り禁止となったそうです。

宮古島毎日新聞_守れ、アーチ型の岩/砂山ビーチ

宮古島市としても観光地の象徴で市の財産と言っていることから、大事にしたいんだなーという思いがガンガン伝わってきます。きっと立ち入り禁止も苦渋の決断だったに違いない…そう思いたい!w

2019年の砂山ビーチの印象

夕方近くに行ったからか、去年まで出店していた小さなお店も無かったし(レンタル浮き輪とかをやっていた店)全体的に少し暗い雰囲気だったような・・・

何人かの方が遊んでいたものの、なんというか活気が薄れたような・・・やっぱお店が無いせいなのか天気のせいなのか解りませんが、1年前に行った時は・・・

こんな感じだったのに・・・このパラソルが開いているとビーチって感じがしますよね?(僕だけ??)

うーんやっぱり天気のせいなのか・・・それとも岩が立ち入り禁止になって人が来なくなったのか。そういえば少し離れたところに駐車場があるんですけど、前に来た時は車が沢山いたし、駐車場のところにもアイスクリームとかを売ってるお兄さんが居たのに居なかったような・・・

などなど、色々なことを考えていたら、妻がwikiで以下の様な事が書いてあるのを見つけました。

2019年(平成31年)4月からは条例による許認可制度が導入され、ライフセーバーの配置等の条件を満たした事業所のみに、活動範囲を仕切って営業が認可される予定である

wikipedia

えーーー!そうなのか!!やはり近年、やってくる人が多くなってるからそれに伴って販売する側も色々整備していってもらうからねといったことなのでしょうか。

でも、確かに遊ぶ側としては監視員(ライフセーバー)みたいな人が居れば安心ですけどね。

それに砂山ビーチは過去に事故があった場所ですし、割と近海までサメが来る場所としても有名ですからね。そう考えると、安全面の整備に力を入れるのも解る気がします。

実は・・・

先ほど、”アーチ状の岩をくぐることができない”といった話をしましたが、実は砂山ビーチ自体も数年後には立ち入ることが難しくなることが予想されているらしいです。

宮古島移住だより

上記のブログを書いているshimagurashiさんによると、三菱によってリゾート開発が進みだしたとかなんとか・・・

マジかよ!!と思ってしまう今日この頃ですが、宮古島は砂山ビーチのある北側はリゾート施設があまりなく(むしろ無い?)そこに目をつけて開発をし出したのかもしれませんね。

この景色も簡単には見れなくなってしまうのか…金を払えということになるのか(笑)

最後に

このような感じで有名な”アーチ状の岩”がある砂山ビーチも続々と変化していきそうで、今後行ってみたいと考えてる方は砂山ビーチの現在の情報に注意が必要かもしれませんね。

恐らく宮古毎日新聞あたりを見ればリアルタイムの情報が掴めるかもしれませんね。あとはツイッターやインスタとかで現地に住んでいる方に聞いてみるとか。

砂山ビーチだけでなく善くも悪くも変化していきそうな宮古島…

来年も行こうと考えているので僕としてはまだまだ目が離せません。砂山ビーチは好きな場所の一つなので僕自身も情報を確認しつつ、何かあればブログに書いていきたいと思います。

では!

このヤドカリ君の運命も気になるところ(もう住んでいらっしゃらないか・・・)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA