レジャー・旅行

【宮古島旅行ブログ】ふなうさぎバナタ解体へ・・・

“サシバ”という鳥を模した伊良部島にある(あった)展望台“ふなうさぎバナタ”

2019年7月に解体が決まり取り壊されることになったみたいです。僕が訪れた時には既にサシバは解体された後でした(写真は後ほど紹介)

去年のうちに行っておいて良かったーーー。因みに一番上の画像とサムネの画像は去年行った時に撮影したものです。

ちょっと迫力がありすぎて、子供からすると怖いようなダイナミックな展望台ですが、宮古島の広がりのある空に映えていて僕的には好きなところでした。どの動画かは忘れましたが宮古島の紹介動画等にも登場してたりして宮古島の代表的な観光スポットの一つだったと思っています。

2015年に伊良部大橋が開通してからは伊良部島と本島の往来もしやすくなり、多くの人が行ったことと思います。昼間の景色は勿論、宮古島の晴れた夜は星も綺麗ですからねーーー。24時間入れる展望台として多くの思い出がある場所じゃないかなとも。。。

そんな展望台がついに解体・撤去されることに・・・

宮古島は近年とてつもない勢いで開発が進み、移住される方も多い等、まさに一大ブームを巻き起こしている島でもあり、僕も旅行した時に目についたのは新たなリゾート施設の建設ラッシュでした。

作られるものがあれば壊されるものもあり…長く親しまれたものでもいつかは無くなってしまう運命なのかもしれませんね。

そこで今日はこの素敵な展望台を忘れない為に、せめて記憶として残しておくためにどんなところだったのか書いていきたいと思います。

ふなうさぎバナタの歴史

“船を見送る岬”これを宮古島の方言でふなうさぎバナタ”と言うことからこの名称がつけられたそうです。

昔、渡航手段が船しかなかった時代の話だと思いますが、沖縄本島に旅立つ人や出兵兵士が乗った船を見送ったことからこの名前がついたようです。今は船の出航も無いと思うので景色を見る為の展望台になってしまっていましたが、かつては色々な方々がそれぞれの思いを胸に手を船を見送った場所だと思うと切なくなりますね。

#僕はそういう話弱くて・・・

解体理由

上の写真は1年前の2018年8月のものなのですが、赤いカラーコーンが立っていますよね。
実は僕が訪れた時には既に結構な老朽化が進んでおり、所々剥がれ落ちているような状況でした。

地元の新聞によると・・・

かねてから老朽化は進んでいたけど、なんとか補修をしながら2019年7月まではやってきていたけど、これ以上崩壊が進んだら事故が起きるかも

そういった理由で解体されることが決まったらしいです。上の写真を再度見て頂くと解るのですが、羽の付け根部分が落ちているような状態ですよね。

それこそ、人に向かって落下する可能性も否定できないような状態にまでなっている為、”事故が起きる前に解体しよう”という判断も頷けるような気がします。

#それでも寂しいですが・・・

ですが、沖縄県周辺はとりわけ台風など自然災害が発生しやすい地域だと思いますが、2019年のこの年までほとんど変わらない姿でここから海を見守り続けたことを考えるとすごい施設だったんだなって改めて思います。

現在の状態

解体作業開始: 令和元年7月10日

解体作業完了: 令和元年8月30日

このようになっており、上記期間は敷地内への立ち入りが禁止となっている為、見に行くことすらできません(工事中なので当然ですが・・・)。

しかも僕が訪れた、2019年7月25日の段階では既にサシバの展望施設は消えていました。
#7月10日から開始したはずなのに、うーん仕事が早い!!

今後について

今のところ、何か新たな展望施設が立つといった情報は無く、”とりあえず解体します”ということの様です。

一応敷地内は駐車場が整備されていたり、手すりがある崖上の展望台みたいな感じにはなっているので作業が完了し立ち入れるようになったら行ってみてもいいかもしれません。

もしかしたら”ここにはかつてこういうものがありました。”みたいな紹介用の看板とかがおかれるかもしれませんね。

最後に

こうして宮古島(実際には伊良部島ですが)を代表する場所がまた一つ姿を消してしまいました。

僕自身は宮古島に3年連続で行きつつも2回目の旅行で行っておいて良かったなと思っています。昔から存在するものは老朽化が進むと共に補修が追い付かなくなり解体や撤去の対象になりやすい側面を持っていると思います。

その為、”次に来たら行ってみよう”と言うより時間があればとりあえず行ってみることが教訓になりました(本当は今年も行こうと思っていたので…)

でも本当にたくさんの方が思い出を作った土地であり、僕もその一員になれたことを嬉しく思っています。今までお疲れさまでした。ありがとう。

この投稿をInstagramで見る

宮古島の宜しくない?(そんなことない!)思い出②_さよなら #フナウサギバナタ 一年ぶりに登ろうぜという話になり行ってみたら解体工事されとった…一年前から赤いコーンが立ったりしてて物々しい感じはしてたけど、まさか撤去とは。1年前に行った時はタイミングよく誰もいなくて、景色を独り占めレベルで堪能したあと、車に乗り込んだ直後にすごいスコールに見舞われたことを家族みんな覚えてました。あん時行っておいて本当に良かった!てか随分長いこと海を見てたんだねー。きっと沢山の人の思い出があると思うけど、俺達にも思い出をあんがと! #お疲れ様 😊 砂山ビーチとは違う #人工物の寿命 も垣間見ました。 #宮古島

むぅさん(@muu_da_sea)がシェアした投稿 –

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA